ベッドを購入する際に知っておきたい様々なスタイル

健康に良い

すのこベッドは、天然素材で作られています。そのため、健康に効果的なのです。檜が材料として使われていることが多いですが、檜には、抗菌効果もありますし、アレルギーを抑える効果もあります。

メンテナンス

すのこベッドを長く使い続けるためには、お手入れは欠かせません。お手入れを怠ってしまうと、機能性が減少してしまいますし、お手入れを行うことで、長期間高機能のベッドとして使い続けられます。

素材

すのこベッドで使われている素材は様々ありますが、その種類の1つが桐です。桐は、家具として使われることが多いですが、湿気に強いので、ベッドとしても効果的に使うことができます。

ベッドの構成

人間にとって睡眠は必要不可欠です。その睡眠を左右するのが、ベッドです。必要な家具はたくさんありますが、ベッドも上質な睡眠を実現させるためには欠かせません。
ベッドは、マットレス、ヘッドボード、フットボート、ボトムで構成されています。
体を支えているのが、マットレスです。また、マットレスは直接肌に触れているため、寝心地にも大きく影響します。

ベッドの頭側にある板のことを、ヘッドボード、足側にある板のことをフットボードと言います。ヘッドボードやフットボードは、マットレスがズレたり、枕や布団が落ちるのを防ぐ役割があります。
ヘッドボードとフットボードの両方があるベッドのことを、ヨーロピアンスタイルや、ヘッドフットスタイルなどと呼びます。
ヘッドボードが無いスタイルのことを、ハリウッドスタイルと言います。
スタイルによっても印象は大きく変わりますから、購入する際は、実物を見て検討した方が良いです。

マットレスを支えているのが、ボトムです。クッション性能があるボトムのことを、弾性ボトム、ダブルクッションと言います。
木製の板などの弾性が無いボトムのことを、非男性ボトムやシングルクッションと言います。
グレードが高いベッドで多いのは、ダブルクッションです。マットレスの下にクッション材があることで、負荷が強くかかる部分でも、ボトムが吸収してくれます。
そのため、藩閥が少なく、マットレスが体にフィットした寝心地になります。